『感性を磨こう!キラキラプロジェクト』5

2012.11.01 13:42|その他の行事
~被災地訪問~


被災地に行くことで現状を感じ、これから医療者として働く上で自分にできることは何かを考える
という目的のもと、私たちは9月17日に岩手県宮古市へ行ってきました。
途中岩手県野田村に立ち寄り、中学校の下にある仮設住宅を訪問させていただきました。
突然の訪問だったのですが、快く迎えて頂き、とても嬉しかったです。
震災の時のお話や日常についてのお話をたくさん聞かせていただきました。被災した方々から、
直接震災についてのお話を聞くのは今回初めてで、一つ一つの言葉が生々しく聞こえました。
しかし少しずつではありますが、復興している様子を見て嬉しくも感じました。
お話をさせていただいた方々は、とても明るく元気で、私たちの方がたくさんの元気をもらうことが
できました。
看護師を目指していて半年後に国家試験がある話をすると、手作りの亀のお守りをくださいました。
勉強を頑張り必ず看護師になりたいと思います。
  resize0356.jpg

その後浄土ヶ浜ではきれいな海を眺め、お昼は三陸の海の幸を頂き、改めて美味しさ実感し、
1日も早い被災地の復興を願いました。
この他にも、久慈のまちなか水族館(被災してもぐらんぴあから移転)を訪問し、
被災したときの水族館の様子を伺ったり、久慈の土風館へも足を運びました。
今回、直接復興に関わることはできませんでしたが、被災地の現状を間近に見て感じたことを
忘れずにこれから生活していきたいと思います。
resize0354.jpg resize0358_20121018134216.jpg

〈まとめ〉
被災から復興に向けて頑張る方たちと出会い、協力する姿を見て、勇気をもらい私たちも
頑張らなくてはいけない、と奮い立たされました。これから医療者として社会に出る上で、
被災地を訪問したり、地元の人々と交流を持てた今回の体験は、大変貴重なものとなりました。
復興という大きな目標に向かって地域全体で協力しているということは、患者さんが元の生活に
戻れるよう様々な職種が連携していく看護にも共通する部分があると思います。
この経験を今後の看護に活かし、看護師を目指す気持ちも新たに日々の勉強に励みたいと思います。

コメント

非公開コメント