本当の学びは臨床にある  ~最終学年 ケーススタディ発表会~

2019.12.09 14:28|その他学内近況

約1年にわたる10領域、120日間の実習をすべて終えた最終学年。
まだ実習終了の余韻冷めやらぬ中、これまでの実習を振り返る「ケーススタディ発表会」が行われました。

卒業生による特別スピーチで開幕した発表会。
そのスピーチには臨床ならではのエピソード、そして看護への思いがあふれ、
冒頭から感動のスタートに。
resize5730.jpg


それに続いて、全9グループがこれまでの実習の中から1つの事例を取り上げ、
どんな学びをし、取り組みをしたのか、その考察、結論を発表しあいました。

resize5734.jpg

resize5740.jpg  resize5739.jpg

resize5746.jpg  resize5729.jpg


今月専門実習がスタートしたばかりの中間学年、そして教職員を前に緊張の面持ちでの発表。
質疑応答では時折言葉につまる場面もありつつ懸命に答えていました。

resize5732.jpg  resize5735.jpg


最後の松浦教務長からの講評には「本当の学びは臨床にある」との言葉。
「本当の学び・臨床」はもうすぐそこまでに近づいています。
その言葉には実習を終え「本当の学び」に踏み出し巣立っていく
最終学年の明るい前途を祈る思いが溢れていました。

resize5744.jpg

resize5745.jpg  resize5737.jpg

resize5738.jpg  resize5742.jpg
 

最終学年の皆さん、お疲れ様でした!

さぁ最終学年、残すは国家試験!!
乗り越えられないかもと思った実習も、こうして乗り越えました。
「乗り越える力」を最大限に発揮するのは今です!

国家試験まで68日!(12月9日現在)。
目指しますよ!国家試験全員合格!!

resize5733.jpg


resize5748.jpg

コメント

非公開コメント