「生活支援」の意味と意義   ~27期生「在宅看護論」演習~

2019.02.14 13:25|看護実習&演習
専門実習2つを終えた中間学年。
実習の前と今では、患者様に向き合う目線が、大きく変わってきているように思います。

中間学年での最後となる座学は「在宅看護論 在宅療養者の生活支援技術」。
病院ではなく、ご自宅で過ごされる方のケアを学ぶ。
この講義では演習が2週に渡って行われました。

resize4847.jpg resize4848.jpg

resize4849.jpg resize4850.jpg


家だからできない、難しいではなく、住み慣れた場所で療養する環境を整える技術の習得を目指します。
嚥下(のみこみ)しずらい方に、とろみをつけてのみこみをスムーズにする工夫、
そして、療養されている方のベッド上での洗髪。
おむつとペットボトルを使っての洗髪は、気をつけなければならないことがたくさん!
先生からは「声掛け、わすれてますよー」のチェックが入りました。

resize4863.jpg resize4860.jpg

resize4862.jpg resize4861.jpg




また、介護用品の業者の方々もおいでになり、座ったままでも水や泡をたらすことなく
吸引し短時間で洗髪ができ、ヘッドを変えると清拭もできる優れ物をご紹介くださいました。
在宅において療養される方が増えつつある今、介護・看護がよりスムーズにできる環境が求められています。
技術だけではなく、多方面の知識も身につけておきたいもの。
この演習で新たな気づきや技術のコツが掴めましたね。

resize4851.jpg resize4852.jpg

resize4853.jpg resize4854.jpg

resize4855.jpg resize4856.jpg

「生活支援技術」。
その「意味」、そして「意義」を深く考えることができた演習となりました。

実習での経験と座学での知識が少しずつ27期生を大きく成長させているように思います。
まもなくに迫った先輩の国家試験を自分のものに置き換えて、
さぁこれからも前進あるのみ!
春には最終学年、そして受験生です。頑張ろう!27期生!



コメント

非公開コメント