この笑顔で挑みます! ~中間学年 実習用写真撮影~

2017.05.10 09:50|その他学内近況
先だっての実習オリエンテーションにおいて
いよいよ今月末から始まる「基礎看護学実習Ⅰ」の要項が発表されました。
入学してからの1年間、基礎看護学を座学、そして学内での演習において
みっちりと学んできた中間学年にとって、
「基礎看護学実習Ⅰ」はこれから始まる全ての『実習』への第一歩となります。
看護学生であれば誰もが通る大きな一歩。
病院で実際の患者様に向き合って学ぶ。
これまで学んできた知識が試されるだけでなく、看護に向かう姿勢そのものが問われます。

10ものグループ割が発表され、ともに挑む仲間が決定しました。
現実味を帯びてくると期待が少々、緊張に変わってきます。
毎年のことながらこの時期は中間学年にとって緊張の時期。
初めてには緊張がつきもの。
「学ばせていただく」その思いをもってリラックス、リラックス!

そんな緊張感漂う中、実習記録ファイルに貼り付ける写真撮影が行われました。

写真1

真新しいユニフォーム(上衣だけですけど、笑)に身を包み、
実際の実習へ向かうスタイル(髪、メイク等々)で
きりりとレンズに向かうその視線には、力強さも見え隠れ。

写真2

どんな実習になるんだろう。本当に楽しみです。


中間学年50名、大きな一歩を踏み出す時が近づきました。
「基礎看護学実習Ⅰ」。
5月29日~6月9日の間の計6日間、
八戸赤十字病院で30名、メディカルコート八戸西病院で20名が実習させて頂きます。
患者様、スタッフの皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

写真3


中間学年の皆さん、さぁ、いよいよ!
第一歩が大きな一歩となるよう、全力で頑張りましょう!

コメント

非公開コメント