「患者様ひとりひとりと向き合い、寄り添うことを誓います」 ~28年度聖華式~

2016.11.11 09:49|聖華式
resize2695.jpg

八戸看護専門学校へ入学して1年半。
これまで学内での座学を中心に看護の基礎を学んできた26期生。
今年度になって基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱをクリアして、
患者様により深く関わらせていただく専門実習へ。
専門実習、そして「看護」に携わる専門職へと進む決意を宣誓する儀式が「聖華式」。
その聖華式が11月4日、本校多目的ホールにおいて行われました。

resize2720.jpg

入学してから勉強に追われ、本当に実習にいけるようになるのか、
そんな不安を抱えていたという学生は、少なくなかったようです。

最終学年から胸元にコサージュをつけてもらい、
「頑張ってね!」という先輩の言葉に、
「ありがとうございます!」
中間学年の不安を吹き飛ばすような明るい声と、こぼれんばかりの笑顔。

resize2697.jpg resize2696.jpg

resize2698.jpg resize2699.jpg

resize2700.jpg resize2701.jpg

resize2702.jpg resize2703.jpg

resize2704.jpg resize2705.jpg

resize2706.jpg


目標をひとつに学ぶ者だからこその輝き。
この笑顔は、まさしくその輝きの瞬間です。

そして迎えた14時。
ご来賓、保護者、在校生、教職員。
たくさんの方々が見守ってくださる中、厳かに始まった式典。

resize2707.jpg resize2708.jpg

resize2710.jpg resize2711.jpg

resize2712.jpg resize2713.jpg

resize2714.jpg resize2715.jpg

resize2716.jpg resize2717.jpg

resize2718.jpg resize2719.jpg

resize2721.jpg resize2722.jpg

聖華生は担任の呼名に続き、学校長、ご来賓の励ましの言葉を頂戴し、
聖華生(26期生)の代表が「聖華に寄せた言葉」を述べました。

resize2723.jpg

resize2724.jpg

resize2726.jpg resize2727.jpg

resize2728.jpg resize2729.jpg

resize2730.jpg

resize2733.jpg resize2734.jpg

resize2735.jpg resize2736.jpg

resize2737.jpg resize2738.jpg

看護学生として一歩先を行く最終学年からメッセージが送られ、
式はいよいよクライマックスへ。

最終学年がナイチンゲール像への聖火を灯し、聖華生が一人ずつ継承。

resize2740.jpg resize2741.jpg

灯されていくひとつひとつの火が、聖華となり、聖華生の頬を照らします。

resize2742.jpg resize2743 - コピー

resize2744 - コピー resize2745 - コピー

resize2746 - コピー resize2747 - コピー


心をひとつにした聖華生によって「誓いの言葉」が述べられました。

resize2693.jpg


『誓いの言葉』

私たちは、患者様の気持ちを尊重し、心の支えとなれるように、
患者様ひとりひとりと向き合います。

私たちは、命の尊さを心に刻み、命を預かることに責任を持ち、
思いやりの姿勢と笑顔で患者様に寄り添います。

私たちは、知識・技術を向上させ、患者様に適した看護を提供できるように
日々努力します。

私たちは、熱心にご指導してくださる病棟スタッフの皆様・先生方、
家族に感謝をし、互いに励まし合い、信頼し合える仲間と共に、
看護の道を歩んでいくことを、聖華のもとに誓います。


resize2748.jpg resize2749.jpg

resize2750.jpg resize2751.jpg

resize2752.jpg resize2753.jpg

resize2754.jpg resize2755.jpg

resize2756.jpg resize2757.jpg

resize2758.jpg resize2759.jpg


聖華式にご参列下さいましたご来賓、ならびに保護者の皆様、
ありがとうございました。心から感謝申し上げます。
これからも八戸看護専門学校 26期生をどうぞ宜しくお願い致します。

resize2694.jpg

看護を志した者にとって、一生に一度の「聖華式」。
その門を無事にくぐりぬけた中間学年26期生。
この日の皆さんの笑顔、誓いは素晴らしい輝きに満ちていました。
「向き合い、寄り添い、努力し、励ましあう」。
その誓いを決して忘れることなく真っ直ぐに看護の道を歩んでまいりましょう。

resize2760.jpg

resize2761.jpg

resize2762.jpg



コメント

非公開コメント