あきらめきれない夢、ありませんか?  ~『社会人入学相談会』を開催します~

2016.09.05 16:40|入試
「本当は看護師になりたかった」
「資格を取って看護師になりたい!」
社会人で「看護師になりたい」と一度でも考えておられる方の中には、
授業についていけるだろうか、経費はどのくらいかかるのだろうか、
子育て中でも大丈夫? etc・・
そんないろいろな不安や疑問をお持ちの方が多いと思います。
実際、既に八戸看護専門学校に入学し学んでいる社会人入学生も、
入学前はたくさんの不安を持っていたと話します。
そんな不安を少しでも和らげ、「看護師になる!なりたい!」を応援したい。
八戸看護専門学校では、『社会人入学相談会』を毎年開催しております。

入学相談会では入試や講義、経費、生活、奨学金制度、給付金の有無など、
知りたいことについてお答えいたします。

相談会の詳細は
こちらから


当日は学校説明会だけでなく、個別相談の時間も設けておりますので、
何でもご相談いただけます!
現在、看護師を目指し奮闘中の社会人在学生との懇親会もあり、
「生」の声を聞くこともできます。

ここで現在、社会人在学生の「声」をちょっぴりお届けいたします。

「介護福祉士として働く中で看護師への憧れが強くなりましたが、
やはり現役の方たちと一緒にやっていけるかが不安でした。」
と語るのは中間学年・宮崎さん。

また同じく中間学年の中里さんは
「収入がなくなることや、学力についての不安をもっていました。
でも子供に手がかからなくなったことで『今だ!』と」。
大学生をお持ちの中里さんは、親子でそれぞれの目標に向かってひた走っています。
・・「キャンディ・キャンディになりたかった」そう笑う中里さんは、
一歩一歩キャンディ・キャンディに近づいています。
   *キャンディ・キャンディ・・1970年代に連載された少女漫画。
   孤児の少女がいろいろな困難を乗り越えて看護師となる物語。

resize2521.jpg


1学年・山田さんは、
「受験を悩んでいましたが、この『社会人説明会』に参加して
背中をおしていただきました!」と満面の笑み☆、

同じく1学年・中里さんは中学生・小学生のお母さん。
「『資格をとってきちんとした仕事につきたい』そう考えていました。
受験科目、そして『学生になること』に不安がありましたが、
いろいろな補助・給付制度もあることを知ったことで決意しました!」
今は学習に演習に、学生生活をEnjoyされています。

また1学年の栗谷川さんも5歳児のママ。
「子供が小さくお金がかからないうちに、資格をとって働きたいと考えて入学しました。」

resize2520.jpg


それぞれいろいろな状況の中での受験を経験されての入学ですが、
どなたも皆『看護学生』生活を素敵に過ごされています。

向かうなら『今』!
思い立ったら行動してみましょう。
きっと具体的な道筋が開けると思います。
少しでも興味がおありでしたら、ぜひご参加下さい。

お申し込みは
こちらから


また、学校見学は随時受付しております。
ぜひお電話ください!
八戸看護専門学校 0178-28-4002 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

コメント

非公開コメント