1年のおわり「認定証」ゲットなるか!? ~1学年総合演習~

2016.03.18 14:42|看護実習&演習
年度が明けると中間学年となる1学年48名。
これから「先輩」となる意識、学習に向かう姿勢など
「成長」がちらほら見え隠れ。
1年の学びとは本当に大きいものですね。
入学からのこの1年、講義だけでなく日々の演習、
そして練習に明け暮れた1年でした。
果たして技術はどのくらい身についただろう・・・
そのチェックが3日間をかけて行われました。

「総合演習」。チェック項目は3つ。
「全身清拭」「陰部洗浄・オムツ交換」「洗髪」。

それぞれ技術だけではなく、声掛けや配慮、環境調整、
そして設定された時間以内の完了など、求められるものは厳しいもの。
でも厳しいのは当たり前。
なぜならこれらの技術はこれからの看護に最低限不可欠な技術。
いい加減な援助では患者様に不快な思いを抱かせ、
治療・療養そのものに悪影響を及ぼしてしまいかねません。
そのために今こそ確実な技術を身に付けたいもの。

そんな目標を掲げ、迎えた「総合演習」。
実際の病棟状況を設定して中間学年を患者役に実施。
これまで1学年同士で練習してきたものの、
先輩が患者役、そして教員のチェックの目があるということで緊張はMAX!
それでも必死に「お寒くはないですか?」「お湯をおかけしますね」・・
気配り目配りをしながら手際よく援助を進めます。
おー、練習の成果、出てますよ♪

緊張の3日間の演習が終わり、4日目はまとめと総括。
事前から手順書を細かに作成した努力の結晶をご覧下さい。

resize0570_20160318142629126.jpg  resize0571_20160318142631652.jpg

*注:教員のレジメではありません。1学生の手作りです。


こうしたひとつひとつの積み重ねが技術として身についていく。
これがまさに「看護への道」!!


患者役を務めた中間学年から、激励のメッセージが貼り出され、
それを見る1学年からは感謝の声が上がっていました。

resize0573_20160318142634f55.jpg  resize0574_20160318142635b1a.jpg

resize0575_20160318142653a46.jpg  resize0576_2016031814265516e.jpg



さてさて、終了後には教員の評価が発表され、
3つの技術すべてに合格した学生に、
教員手作りの「認定証」が渡されました。

resize0572_20160318142632ba7.jpg


これを手にしたことは大きな自信につながります!
学生のこの満面の笑みをご覧ください!
いい顔してます☆

resize0577_20160318142656569.jpg  resize0578_20160318142658ad9.jpg

resize0579_201603181426594d8.jpg resize0580_20160318142742e6b.jpg

resize0581_20160318142743ce8.jpg  resize0582_20160318142745a40.jpg

resize0583_2016031814274670c.jpg  resize0584_201603181428058cb.jpg

resize0585_20160318142807264.jpg  resize0586_20160318142808e42.jpg


今回手に出来なかった学生は再チェックに臨み、認定証を目指します。

1学年はこの認定証を励みに4月、中間学年へ進級。
そこで待つのは初めての実習「基礎看護学実習Ⅰ」。
いよいよ本当の患者様への元へ伺うのです!

学生として学ぶ時間のうち、あっという間に3分の1が過ぎました。
技術は一生磨いていくもの。
これからずっと練習練習、そして練習です。
さぁ、ここからの2年間、目指す看護師への歩みを止めることなく、
前進、邁進、猛進してまいりましょう。


resize0587_20160318142810335.jpg


1学年26期生48名、演習お疲れ様でした!!

コメント

非公開コメント