反省もまた学び~ 基礎実習Ⅱ振り返り ~

2015.10.30 11:34|看護実習&演習
resize0392_2015103011272669e.jpg


中間学年の「基礎Ⅱ実習」が終了して、約2週間。
この間、この実習での学び、反省、課題、それらをまとめ、
発表して情報を共有する振り返りの時間が設けられました。


resize0394_201510301127456e2.jpg



基礎Ⅰ実習での振り返りでは「これが基礎Ⅱでの課題となる」、
そう見出した数々の目標、目的がありましたが、
それらは克服、そして到達できたでしょうか。


resize0393_20151030112744d4e.jpg


何もかもが初めての「基礎Ⅰ実習」とは違い、
「基礎Ⅱ実習」では、情報収集したものから看護問題の抽出、計画、
それらに沿った援助まで、より専門性が求められるものでした。
中には戸惑いや知識の不足に焦ったりの場面もありながら、
指導者の方や教員のアドバイスで乗り切っていましたね。


resize0388_201510301127209d9.jpg resize0390_20151030112723425.jpg



発表はほとんどが反省と改善点に埋められていました。
「事前学習の個人差があった。情報共有が必要」
「援助は事例を元に実際の患者様を想定して行ったほうがよい」
「グループ内の意見を否定せず、コミュニケーションをとる。
意見を出しやすい雰囲気を作ったほうがよい」
「『ほう・れん・そう』の徹底」
「言葉遣いが良くなかった」
「文献はメンバーで数種用意して共有すると良い」・・・etc


resize0391_20151030112725331.jpg resize0389_20151030112722b14.jpg



反省もまた学び。この学びを生かし、来る専門実習に臨みましょう!


resize0399_20151030112806826.jpg resize0398_20151030112804abc.jpg


resize0397_20151030112750d3b.jpg resize0396_20151030112748294.jpg


resize0395_20151030112747236.jpg



そうそう、発表には「先輩からの情報の活用、文献の活用ができた」という声も。
先を進む先輩方「ありがとうございました!」☆



最後に先生から、次の実習に向けての励ましと叱咤の言葉がありました。

『看護過程展開の実習をやり遂げ、学びの多いものになった。
これはひとつの山を越えられたということ。自信を持ちましょう!
ただ、気持ちだけでは看護ができないこともわかったでしょう。
貪欲に学んで行ってください。それは白衣を着てからではなく、
今すでにはじまっています!

それから、どんな看護師になりたいか、グループメンバーに公言しましょう。
すると、その人が目指す看護師になれるためにと、言いにくいことも相手に言ってあげられるようになります。
自分の言葉に責任をもって、これから進んでいきましょう。』




そして・・
実習でお世話になりました八戸赤十字病院、メディカルコート八戸西病院の
患者様、指導者の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
お世話になりました。
来る11月6日には「聖華式」があり、
この場でこれからの実習、そして看護師になる決意と誓いを述べさせていただき、
25期生はいよいよ専門実習へと進んでまいります。
皆様からのご指導、励ましを忘れることなく頑張ります。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。



<聖華式へお越し下さい>
聖華式は見学が可能です。見学をご希望される方は申込フォームから、または電話でお申込みください。
受験をお考えの高校生や、その保護者の方、また受験を考えている社会人の方もどうぞこの機会にお越しください。


お申し込みはこちらから

コメント

非公開コメント