「初めの一歩」は「始めの一歩」 ~中間学年「基礎看護学実習Ⅰ」へ~

2015.05.16 08:58|看護実習&演習
6月1日からの「基礎看護学実習Ⅰ」通称「基礎Ⅰ」まであと約2週間。
看護実習室で、準備・練習に余念のない中間学年。

今更ながら、「実習」とは<臨床の場で学ばせていただく>ということ。
治療、療養されている患者様から見れば「スタッフ」側に立つということでもあります。
演習の「看護師役」「患者役」ではない。
ゆえに生半可な知識、手技でその場に立つわけにはいきません。

「基礎Ⅰ実習」は「はじめの一歩」。
この「はじめ」は中間学年にとって、「初めて」の意味合いが大きいかもしれません。
しかし「はじめ」にはもう1つ、「始める」の意味もあります。
これから「基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ」を乗り越えた先には「専門実習」が。
そう考えると「始めの一歩」という言葉はとても重く大きなものになる気がします。

実習を前に、実習先の八戸赤十字病院は来週、
メディカルコート八戸西病院は再来週に、病院オリエンテーションがあります。
いよいよ病院でその「第一歩」を踏み入れさせていただく。
中間学年の緊張の胸の鼓動が聞こえてきそう・・

この大きな一歩をぬかりなく踏みだすべく、
中間学年49名、本日も練習に励みます!

お世話になる八戸赤十字病院の患者様、スタッフの皆様、
どうぞ宜しくお願い致します!
resize1371.jpg resize1372.jpg
resize1373.jpg resize1374.jpg
resize1375.jpg resize1376.jpg

メディカルコート八戸西病院の患者様、スタッフの皆様、
どうぞ宜しくお願い致します!
resize1377.jpg resize1378_20150516085311476.jpg
resize1379.jpg resize1370.jpg

どんな学び、どんな出会いが待っているのかは、そう、自分次第。
中間学年「はじめの一歩」、チカラ強く踏み出します!!

コメント

非公開コメント