基礎Ⅱ実習終了、そして聖華式、専門実習へ! ~中間学年 基礎看護学実習Ⅱ 振り返り~

2014.10.25 08:30|看護実習&演習
不安と緊張、その言葉がぴったりだった「基礎看護学実習Ⅱ」。
終わってから、あっという間に2週間近くが経ちました。
“ドキドキ”の評価が待たれるところですが、
そんな中で、学びと反省を発表しあう「振り返り」の時間が設けられました。

「基礎看護学実習Ⅱ」では、
八戸赤十字病院で30名、メディカルコート八戸西病院では20名が
実習をさせていただきました。

この日の「振り返り」では、基礎Ⅰ実習とは格段に違い、
求められる技術や知識の量に戸惑いながら、
その中で学んだこと、気づいたこと、失敗や反省点など、
各グループでまとめ、発表しあいました。
resize0550.jpg resize0551.jpg

終わってみて、無我夢中な中でもいろいろな気づきができたこと、
己の知識の浅さに愕然としたこと、グループのみんなに支えられたこと、
そして、患者様の笑顔が何よりの励みになったこと・・
各グループの発表には共通の思いが盛り込まれていました。
resize0552.jpg

八戸赤十字病院、メディカルコート八戸西病院の
病棟の皆様、指導者様、そして受け持たせていただいた患者様、
あたたかなご指導、ありがとうございました!


さて、次に向かうは専門実習!!
学内での講義に並行して、次なるステップがどんどん迫ってきています。
既に専門実習のオリエンテーションが領域ごとに行われ、
これからの10クールを共に学ぶグループメンバーも発表されました。
そうと決まった中間学年は、早速1クール目の事前学習に余念がありません。

最終学年からの実習についての「引継ぎ」も行われ、
具体的な実習に向けてのアドバイスを受けました。
聞くほうも伝えるほうも真剣です。
resize0553.jpg resize0554.jpg

・・専門実習が近いということは、
中間学年最大のイベント「聖華式」を迎えるということ。
中間学年が主役の「聖華式」。来賓、保護者をお迎えして、
専門実習へ向かう決意を述べ、誓いを立てる。
入学から卒業までのちょうど半分の今、自分達の「決意」「思い」「目標」を形にします。
11月7日。
この日がそれぞれにとって、一生忘れられない日となることは間違いありません。

中間学年、「看護師」への道の大きな大きな節目に到達です!

コメント

非公開コメント