リラックスを患者様に。 ~1学年 基礎看護学「清潔」手浴・足浴 演習~

2014.10.24 10:11|看護実習&演習
演習が立て込んでいる1学年。
今回は「基礎看護学 清潔」の演習「手浴・足浴」です。

手浴(しゅよく)とは、患者様の手を、足浴(そくよく)とは足を、
「患者様の安全・安楽に配慮して洗う」という技術。

健康なときにはあまりぴんとこないのですが、
手をお湯で洗う、足をお湯で流すことって、
拭くだけとは比較にならないくらい爽快なもの。
まして、長く療養されていて、入浴もままならない患者様なら、なおさらです。
目的はもちろん「清潔の保持」でもありますが、
気分のリフレッシュにも効果絶大!

そんな「手浴・足浴」。
患者様にとって「快適」なものと感じていただくためには、コツがいります。
洗えばいいというものでは決してありません。
準備も必要です。 

技術として、やってみると思いの外難しい!! 
何気ないお湯をかける動作1つ取っても、雑なのか丁寧なのかが一目瞭然!
どんな意識で援助しているかがわかってしまいます。
resize0537.jpg

なんだか危なげに積まれていたりしますが・・
resize0540.jpg

指導を受けながら、手順を確認し、
看護師役、患者役とに分かれて、それぞれが演習に臨みます。
resize0531_2014102409423277f.jpg resize0532_20141024094231abb.jpg
resize0533_20141024094259ef9.jpg resize0534_20141024094258114.jpg
resize0535_20141024094258b67.jpg resize0536.jpg

お湯の適温は?
寝具などを濡らさないように配慮できていますか?
患者さまの安全は保たれていますか?
逆に疲れさせてしまってはいませんか?
resize0529_20141024094233925.jpg resize0530_20141024094233b13.jpg

患者役となり、こんなふうにケアされるのは、ほとんどが初めての経験。
上手な看護師役に「恵まれた」(!)患者役は、しばしリラックス~。
「こんなにも気持ちのいいものだったの!?」・・演習を忘れちゃいそうです(笑
resize0542.jpg resize0543.jpg
resize0544.jpg resize0545.jpg
resize0546.jpg resize0547.jpg
resize0548.jpg resize0549.jpg

こうして演習をみていると、いっぱいいっぱいな中にも、
ふと見せるまなざしが、穏やかで優しい視線だったり・・
患者様への思いやりが垣間見える瞬間です。
resize0527_201410240942342c5.jpg resize0528_20141024094233349.jpg

学生の声を聞いてみました。

「難しかった点・気づいた点は?」
患者様の安全安楽だけに注意がいってしまい、自分のポジショニングが
安定しなかった。これでは長い援助はできないので、見直したいと思いました。


「得たものは?」
みんなで練習したり、演習したりする中で「こうすればいいんじゃない?」、
「こうやってみよう」というディスカッションが生まれた。
今まではこういう風にはならなかったので、得られたものはとても大きかった。

resize0538.jpg resize0539.jpg


・・・1学年、成長しています!!
こんなコメントがでてくるようになったのですね(泣

この調子でこれからも技術をどんどん習得して、
患者様の笑顔が引き出せる看護師を目指しましょう!!

<患者様の笑顔が見たい>
ケアはこの思いから始まります☆
resize0541.jpg

さて、講義も後期に突入。
真っ赤に色づく巷の紅葉に負けず劣らず、
知識・技術も深みを増してきました☆

頑張ってます!成長しています!楽しみです!1学年50名!!

コメント

非公開コメント