1学年「演習」  ~基礎看護学「食事介助」~

2014.05.27 15:46|看護実習&演習
ここのところ、演習が続いている1学年。
今日は「基礎看護学 食生活と排泄」の講義において「食事介助」の演習です。

食事は治療の一環でもあり、「食事介助」は重要な看護技術のひとつ。
環境調整をし、順番を考え、患者さんを観察、好みやペースを考える。
さらに障害を理解して、楽しくおいしい食事をしていただく技術。

自分たちで用意したご飯・おかず・汁物・デザート。
ちょうどお昼の演習なので、お腹もすいてます!おいしそうです!!(笑
resize0220_20140527152711284.jpg

演習では、視覚障害・片(右側)麻痺・嚥下(*のみこみ)障害がある患者さんという
設定の下、看護師役、患者役に分かれ、「さぁ、お食事ですよ!」の声がけでスタート!

まずは目隠しをした患者役に食事をしてもらいます。
そしてそのあと、看護師役が介助を行い、
目隠しの後は、右側が不自由という設定に沿い、枕を差し込んで体を安定させ、
左側(健側)から介助を行います。
resize0219_20140527152712f54.jpg

ふとどっち側に立つか迷ってしまったり、
「一口大」が大きかったり、
汁物がこぼれそうであせったり、
食事に気をとられ、体が斜めになっていることに気がつかなかったり。

一番よく見られた戸惑いは「吸いのみ」。
名前さえ初めて知ったという学生も。
傾けるのか、吸ってもらうのか、穴をふさいだほうがいいのか・・
resize0218_20140527152712e44.jpg

看護師役だけではありません。
患者役は目隠しでの食事も、汁物をストローで飲む感覚も初めてなら、
きき手が使えないという設定も初めての経験。
まして食べさせてもらうことは、ほとんどなかったこと。
患者役を体験してこそ分かることがたくさん!

演習の最初、いろいろな場面が見られました。 
焼きそばはフォークに絡めると食べさせやすい。しかし一口が大きくなりすぎる(笑
はるさめスープはすべる。箸もフォークも悪戦苦闘。
汁物は傾けすぎると、とんでもないことになる(笑  etc・・・

が、進めて行くにつれ、コツを掴んできた様子。
resize0223_20140527152710309.jpg resize0233_20140527152801f50.jpg
resize0231_20140527152802e4b.jpg resize0232_2014052715280152d.jpg
resize0233_20140527152801f50.jpg resize0234_20140527152800152.jpg
resize0235_20140527152800433.jpg resize0236_201405271528232c1.jpg

うまく食べさせてもらえた患者役には笑顔がこぼれ(笑、
はたまた、物言いたげ(?)に看護師役を「ちらっ」と見る患者役もあり。
・・もっと食べたいって、目が訴えているような・・・ (笑
resize0237_20140527152823c10.jpg resize0224_2014052715273791e.jpg
resize0225_20140527152737037.jpg resize0226_20140527152736404.jpg
resize0227_20140527152736bd8.jpg resize0228_201405271527350bf.jpg
resize0229_201405271527354e3.jpg


まず本日の気づき①
「食事を介助する」、それは「コミュニケーション」が重要!

「おつゆ、熱くありませんか?」
「次は何を召しあがりますか?」
「たくさん召しあがりましたね!」

会話と食事がスムーズに進む。
自然と患者さんの食事ペースが分かるようになる。
コミュニケーションで食事は「おいしく」「楽しい」ものになる。
それに気づきました。
resize0221_201405271527112ee.jpg


そして本日の気づき②
患者役でわかったことは、患者さんが何を欲しているのか
介助する側にはなかなか伝わらないということ。
障害や不自由さをどう介助するかによって、食事の達成感や満足感が変わる。
そのためには、十分な観察とちょっとした気配り、目配りが必要なんですね。
食事介助、それは決しておなかを満たすことだけが目的ではない。
それに気づいた演習でもありました。
resize0222_20140527152710c64.jpg


今日の「食事介助」の講義は
<「看護」とは「患者を思いやる」「気配り」「目配り」が重要>ということを、
身をもって感じた演習でした。

1学年の皆さん、お疲れ様でした!
演習はこれからもまだまだ続きます!

コメント

非公開コメント