「25期生 宿泊研修」 ~第2日目~

2014.04.15 08:00|入学時研修
宿泊研修第2日目は快晴!
種差に吹く潮風に、春の香も漂います。

2日目のカリキュラムはグループワークからスタート。
話し合い、発表する。意見を言う、そして聞く・・
言葉のひとつひとつから得るものが大きく、学びは深いもの。
グループワークでは仲間意識を高め、連帯感を育むことができたようです。

引き続き行われたのは「ニアダンス」。
resize0065_20140414134323c81.jpg

聞きなれない名前ですが、
「ニアダンス」とは「裸足のダンスエクササイズ」をさし、
『自分を開放!』がコンセプト。
resize0066_2014041413432247c.jpg resize0067_201404141343488e3.jpg
resize0068_20140414134347abd.jpg

最初はみんな、ちょっとぎこちない動き。
しかし高橋先生の軽快な掛け声と動きに、徐々にそれぞれの体が反応。
resize0069_201404141343476e2.jpg


体を動かし、心を開放する。大切なのは「表現しよう」と思う気持ち。
リズミカルな動きの中にふと「心と体はひとつなんだなぁ」を実感・・。
看護師としても必要な発見ですよ!
いやぁ、ニアダンスって奥が深いですね。

すっかりぺちゃんこになったお腹に、しっかりエネルギーを注入し、
午後から始まったのはSGグループ・田中代表による講話。

看護学生に望むことや、社会情勢、グループの理念等、
「八戸看護専門学校生」として心得てほしい、大切なお話をいただきました。

また、消防署員の方による「救急蘇生法」講習会では、
AEDなどの説明を聞きながら、「看護師」という自らが進む道に重ね合わせ、
人命救助の尊さを学びました。
学生の感想に「あやふやに覚えていたことが本当は怖いことだって分かった。
きちんとした技術を教えていただいてよかった」という言葉がありました。
resize0070_2014041413434680c.jpg resize0071_20140414134346638.jpg
resize0072_20140414134345265.jpg resize0073_20140414141606f26.jpg

怖い、と思う気持ちが次第に「やらねば」に変わる。
当たり前ですが、研修すべてが「看護」へつながっています。

今日のカリキュラムを終え、ふと見渡すと、
ひとりひとりが昨日とは違う顔になっています。
つい2・3日まで知らない者同士だったことがうそのよう。
学びを得るとこんなにも充実感に満ちた笑顔になるのですね!

さぁ、明日は最終日!
この「2泊3日」、自分のものにして帰りますよ!

コメント

非公開コメント