Wellcome 八看! ~新入生歓迎会~

2020.05.29 12:03|その他学内近況
resize6120.jpg

気がつけば5月も末。
新型コロナウィルス感染予防の観点からの休校があったり、予定に変更が生じたり。
まさに「バタバタ」という言葉以外に表わせる表現がなかったような5月でしたね。

入学から2ヶ月たった1学年。
こういった中であっても、友人ができ、個々の生活も落ち着いてきて、
それぞれの表情にもゆとりが見えるようになりました。

その1学年に「Wellcome 八看!」を伝える毎年恒例、学友会主催の「新入生歓迎会」。
しかしながらこの事情で開催できずにいたら、
『このまま「なし」にしてしまうのは1学年がかわいそう!』
そんな声が先輩達からあがり、1学年教室での学友会代表による規模縮小の
「新入生歓迎会」が開催されました。

resize6114.jpg resize6115.jpg

resize6116.jpg resize6117.jpg

resize6118.jpg resize6119.jpg


1学年からの「素朴な疑問」について一生懸命、誠実に答える中間学年。
ちょっと緊張気味な1年生はその先輩のレクチャーにメモを走らせる。
その様子は、いつものにぎやかな歓迎会とまた違った趣がありました。

最後にお菓子が配られましたが、そこには中間学年が自筆でひとりひとりに書いた
メッセージが貼り付けてありました。
「Wellcome 八看!」 
この思い、しっかりと1学年に伝わっていましたね☆

resize6121.jpg resize6122.jpg


気が付けば6月はもうすぐそこ。
まだまだいつもとは違う6月の迎え方ではあるものの、
それでも時は着実に前へ進んでいます。
どの学年も、ともに同じ<看護師になる>という目標に向かって学ぶ仲間同士です。

さぁ、どんどん前へ進んで参りましょう!


備えあれば憂いなし  ~春の避難訓練~

2020.05.28 17:28|その他学内近況

新型コロナウィルスの感染予防の観点から、延期としていた避難訓練。
休校措置の前に個人防災備蓄品のチェック、緊急連絡アドレスの登録・一斉送信など
できるものは既に完了していました。
先日の自粛要請の解除を受けて、各学年別々の訓練の予定を組みなおし、
その第1弾・1学年から実施しました。

2  3


4  5


6  7


8  9


10  11

地震を想定し、非常階段を下りて、集合。
点呼の後、指定された避難所まで徒歩で移動。
初めてながら、しっかりと、さらには間隔をあけながら整然と進む1学年。
非常に頼もしさを感じました。


12  13


14  15


16  17


18  19


20  21


22  23


24  25


26  27


東日本大震災の際は、学校の坂の下まで津波が押し寄せ、恐怖に駆られたことを
何年たっても忘れることができません。
一部学生とともに教職員も避難所に身を寄せ、不安な夜を過ごしました。
混乱の中、いかに速やかに避難できるか、どう行動したら良いのか、
それには「経験」が役にたちました。
行ったことがない、通ったことがない、見たことがない、では何も始まらず、
始められない。震災ではそれを身をもって学びました。
「経験」つまり「訓練」、身についていなければできないということ。

特に1学年の皆さんには入学後すぐ避難場所の確認をしてほしいと考えてはいたものの、
今般の事情でままならない状況でした。
が、ようやく落ち着きを見せ始めたことで、こうして無事に訓練が行われ、
皆さんに経路・避難場所等を覚えてもらうことができたことは大きな安心に繋がりました。

よくいう「備えあれば憂いなし」
それは、物だけではなく、経験も含まれる。まさに「訓練」のもつ意味は大きい。
今回の訓練は「やらされる訓練」ではなく「主体的な訓練」だったように思います。

1学年のあと時間を変えて、放課後には中間学年が、
そして2日後には最終学年が訓練を無事に終了。

災害では「看護」の担う役割も大きいもの。
看護を学ぶ者だからこそ、災害の現場で見るべき視点はまた違ったものになります。
まずは自分を守る。そしてその先に「看護」が見えてくる。

八戸看護専門学校、全学生、全教職員、
「備えあれば憂いなし」。
自分のために、そしてみんなのために!!


1


こんな時だからこそ。今だからこそ。春だからこそ!   ~始業式~

2020.04.04 08:22|その他学内近況

新型コロナウィルスで日本、いや世界中が重苦しい中、
4月3日、本校多目的ホールで始業式が行われました。

resize5922.jpg

間隔をあけ、短縮で行われた始業式。
久々に見る学生の元気な笑顔に、しばしこの重苦しさが薄らいだように感じました。

松浦教務長から
「こんな中でも国家試験はやってくる。今だからこそやらなければならない事がある」
とのお話がありました。
そうです、最終学年は受験生となり、中間学年は初めての実習がやってくる。
やらなければならないことは自ずと目の前に見えています。

resize5923.jpg


今、テレビやニュースでは懸命な医療者の活躍が語られています。
医療者を目指す学生の皆さんの目にもその姿は見えているはず。
看護師として自分に何ができるのか、どんな看護師をめざしていくのか、
今だからこそ、こんな時だからこそ思いを新たにしたいもの。

始業式では担任の発表がされ、それぞれ進級しました。
国家試験、そして看護師への階段をまた一つ昇りました。
1年後の自分を見据えてスタートを切る。
こんな時だからこそ。今だからこそ。春だからこそ!
八戸看護専門学校一同、夢への歩みは続きます!

resize5924.jpg

さぁこちらも始まります    ~中間学年「就職活動講習」~

2020.03.25 14:52|その他学内近況

resize5868.jpg

コロナウィルスの影響で春の「暖かさ・温かさ」を実感できない今日この頃。
しかしながら「春」は確実にやってきました。
4月には最終学年となる29期生。
受験生のはじまり、そして就活が始まります。


昨年に続き今年も「ジョブカフェあおもり」から講師をお招きして、
就職活動について詳しいご指導をいただきました。
マナー、就職先の選び方、履歴書作成、面接のチェックポイント・・・
せっかく資格をとって看護師として働くのですから、
どんな病院を選び、何を目標に働くのかを、今こそ見極めていきたいものです。

resize5869.jpg resize5870.jpg

さぁ春。
「最終学年」はいろいろな意味での集大成の学年。
29期生、「看護師」へのカウントダウン、はじまります!

人のためひいては自分のため  ~ボランティア反省会~

2020.02.21 16:08|その他学内近況

もうすぐ年度末。
八戸看護専門学校では、いろいろな施設においてボランティア活動を積極的に行ってきました。
全学年で集まれるのはもう残り少なくなった2月中旬、その反省と振り返りの時間が設けられました。

施設ごとに集まり輪となっていろいろな意見や反省を述べ、リーダーが発表。
良かった点も多々ある中、次年度に向けた新たな課題も見つかりました。

resize5855.jpg  resize5856.jpg

resize5857.jpg  resize5858.jpg

resize5859.jpg  resize5860.jpg
  

締めくくりにボランティア担当の教員から「お疲れさまでした」の言葉が。
それとともに、
「ボランティアは誰かのためと思って始めるけれど、それはひいては自分のためにもなっている。
いろいろな出会い、気づき、学び、自分のものとなって身についているものが多くある」

そんな言葉で反省会が終了しました。

resize5861.jpg


お世話になりました各施設、利用者の皆様、
ありがとうございました。
また次年度、新たな顔ぶれでお伺いさせていただきます。
引き続きよろしくお願いいたします!
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

八戸看護専門学校

Author:八戸看護専門学校
所在地:青森県八戸市。
高校卒業する皆さん、社会人の皆さんを
『信頼される看護師に!』。
また、『学生の将来のために!』。
3年課程・全日制の看護専門学校です。

青森県八戸市
大字河原木字北沼22-41
TEL 0178-28-4002(代表)

八戸看護専門学校オフィシャルサイト

友だち追加

Googleストリートビュー

LINE@ QRコード

学校生活や入試情報などの最新情報をお届けします。

検索フォーム

カテゴリ

リンク