漠然と、から確実へ! ~中間学年「治療・処置と看護」演習~

2019.06.25 14:45|看護実習&演習
resize5069.jpg resize5053.jpg


初めての実習「第Ⅰ期基礎看護学実習」を無事終えて、ほーっと一息ついた感がある中間学年。
学内での座学に戻って数日が経ちました。
実習で見聞きし、体験したことが大きな力となったんだなぁ、そう思えるいい表情をしています。
その表情に、逆にほっとする教職員。
緊張していたのは学生だけではないんですよー(笑

resize5059.jpg


そんな中で行われた「治療・処置と看護」の演習。
注射の技術を学ぶこの演習では、初めて注射器を使用しました。
物品の準備、針の着脱、穿刺(針をさすこと)。もちろん患者役への声掛け、促し、観察。
今まで何気なく見てきたその場面。ですが、看護師の目線でみると全く違うものになります。
ほら、基礎実習でも出会った光景ですね!
漠然とした光景が、より一層自分の傍に近づいた感じがします。


resize5055.jpg resize5056.jpg

resize5057.jpg resize5058.jpg

resize5060.jpg resize5061.jpg

resize5063.jpg

resize5064.jpg resize5065.jpg

resize5066.jpg resize5067.jpg

resize5068.jpg resize5070.jpg

resize5071.jpg resize5072.jpg


今、学んでいる技術、知識、全てが臨床へと繋がっている。
それを実感した実習、そして演習。
さぁ、中間学年、次にやってくるのは「第Ⅱ期基礎看学実習」。
そこまでに学ぶべきことはたくさんありますね!

resize5073.jpg resize5054.jpg

一歩一歩、確実に着実に。
がんばろう、中間学年50名!


体験からの学び  ~1学年「活動と休息」演習~

2019.06.25 14:30|看護実習&演習

1学年の本日の演習は多目的ホールにて。
患者役は足にはおもりをつけて、片麻痺のある患者さんを想定。
そのうえで松葉杖や車椅子、歩行器などを使って移動をしてみます。

resize5038.jpg resize5039.jpg


resize5040.jpg resize5041.jpg

resize5042.jpg resize5043.jpg

resize5044.jpg resize5045.jpg

思った以上に上がらない足、つくタイミングがつかめない杖。
体験してみて初めてわかる。
他の授業での演習も、こうした「体験」が技術習得に繋がっています。

resize5046.jpg resize5047.jpg

resize5048.jpg resize5049.jpg

resize5050.jpg resize5051.jpg

resize5052.jpg

1学年では演習が目白押し。
ひとつひとつをしっかりと身につけて、確かな技術につなげてまいりましょう。

進め!1学年50名!

1学年の課題はクリア!?  ~1学年「総合技術演習」~

2019.04.02 09:21|看護実習&演習
4月に入学してもうすぐ1年。
あっという間のような長かったような。
13科目に及んだ後期の単位認定試験も終わり、残すは「総合技術演習」。

この演習は、1学年で身につけるべき技術の総チェックで、
シーツ交換、陰部洗浄、洗髪の3つの技術の評価をうけるもの。

これまで放課後や空き時間を使って練習してはいたものの、
教員や患者役の先輩が注視する中での実施はかなり緊張の様子。

無事に終了し、教室に戻ると先輩からの激励のメッセージが。
この先輩たちも歩んできたんですもの、心がこもっていないわけがない!

resize4902.jpg  resize4903.jpg

resize4904.jpg  resize4905.jpg

resize4907.jpg


一発合格した14名に認定証が渡されました。

resize4888.jpg  resize4889.jpg

resize4890.jpg  resize4891.jpg

resize4892.jpg  resize4893.jpg

resize4894.jpg  resize4895.jpg

resize4896.jpg  resize4897.jpg

resize4898.jpg  resize4899.jpg

resize4900.jpg  resize4901.jpg


今回認定証ゲットならずの学生は順次再チェックを受けて、合格を目指します。

この技術は3ケ月後に迫った「基礎看護学実習」での必須スキル。
さぁ、「実習」がやってきます。
心と技術、ぬかりなく!!


resize4906.jpg

こわいよー!乱発!    ~1学年「検査と看護」演習~

2019.04.02 09:09|看護実習&演習
1学年、本日の演習は「検査と看護」、その中で採血の演習を行いました。

resize4962.jpg  resize4963.jpg

resize4964.jpg  resize4965.jpg

あちらこちらで聞こえるのは「こわいよー」。
確かに腕を模したものへの穿刺ではありますが、それでもやはりコワイ(笑
教員から血管の位置や解剖生理、穿刺の角度、そして清潔不潔についてetc
チェックが多々はいります。
手順書をみて再確認して進めるのですが、
どちらかというと見ているのは、手順書より隣近所の顔(笑
自信を持って臨めるようにしたいものですね。


resize4966.jpg  resize4967.jpg

resize4968.jpg  resize4969.jpg
  

ひとつひとつが学びなんだな、って実感します。
さぁ、春はもう間近。
中間学年はもう間近!

がんばるぞ!1学年、29期生!!

「生活支援」の意味と意義   ~27期生「在宅看護論」演習~

2019.02.14 13:25|看護実習&演習
専門実習2つを終えた中間学年。
実習の前と今では、患者様に向き合う目線が、大きく変わってきているように思います。

中間学年での最後となる座学は「在宅看護論 在宅療養者の生活支援技術」。
病院ではなく、ご自宅で過ごされる方のケアを学ぶ。
この講義では演習が2週に渡って行われました。

resize4847.jpg resize4848.jpg

resize4849.jpg resize4850.jpg


家だからできない、難しいではなく、住み慣れた場所で療養する環境を整える技術の習得を目指します。
嚥下(のみこみ)しずらい方に、とろみをつけてのみこみをスムーズにする工夫、
そして、療養されている方のベッド上での洗髪。
おむつとペットボトルを使っての洗髪は、気をつけなければならないことがたくさん!
先生からは「声掛け、わすれてますよー」のチェックが入りました。

resize4863.jpg resize4860.jpg

resize4862.jpg resize4861.jpg




また、介護用品の業者の方々もおいでになり、座ったままでも水や泡をたらすことなく
吸引し短時間で洗髪ができ、ヘッドを変えると清拭もできる優れ物をご紹介くださいました。
在宅において療養される方が増えつつある今、介護・看護がよりスムーズにできる環境が求められています。
技術だけではなく、多方面の知識も身につけておきたいもの。
この演習で新たな気づきや技術のコツが掴めましたね。

resize4851.jpg resize4852.jpg

resize4853.jpg resize4854.jpg

resize4855.jpg resize4856.jpg

「生活支援技術」。
その「意味」、そして「意義」を深く考えることができた演習となりました。

実習での経験と座学での知識が少しずつ27期生を大きく成長させているように思います。
まもなくに迫った先輩の国家試験を自分のものに置き換えて、
さぁこれからも前進あるのみ!
春には最終学年、そして受験生です。頑張ろう!27期生!



05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

八戸看護専門学校

Author:八戸看護専門学校
所在地:青森県八戸市。
高校卒業する皆さん、社会人の皆さんを
『信頼される看護師に!』。
また、『学生の将来のために!』。
3年課程・全日制の看護専門学校です。

青森県八戸市
大字河原木字北沼22-41
TEL 0178-28-4002(代表)

八戸看護専門学校オフィシャルサイト

友だち追加

Googleストリートビュー

LINE@ QRコード

学校生活や入試情報などの最新情報をお届けします。

検索フォーム

カテゴリ

リンク